前へ
次へ

中国語の学習法を考える

中国語などの外国語を学ぶ際には語学スクールに通うと良いです。語学スクールに通うと、効率的に学ぶことが

more

中国語の学習を望んでいるのなら

これから具体的に、中国語の学習を望むのであれば、どこの語学スクールを利用するのが1番なのかを考えてか

more

問題なく学習できる中国語

今の時代は、中国語に関しても問題なく学習できるようになっています。やはり英語だけではなく、その他の言

more

中国語教室で学習する必要性

私達日本人が中国語学習を通して最も不得意としている発音のウイークポイントから脱するなら教室に通学することをお奨めします。 日本人の子が会得する上で、殊更ハードルが高いと感じるのは、おそらく発音といえます。 日本語にない声調があることから、私達日本人には慣れていない部分があるとされています。 声調というものは、音節毎の音の上がり、下がりのバリエーションにあたります。 つれなく抑揚がない日本語の発音とは異なり、声調に留意して発音することから、感覚がイメージができない人もいると考えられます。 英語のリズムなどが不得意だった人からすれば、声調はなお一層難しく意識してしまうかもしれません。 きちんと発音することができないケースでは、相手方にアピールしたいことが伝わらないケースもあるため、発音トレーニングがかなり大事な点になります。 現実に声に出し何回もトレーニングをしないと、そう簡単にはいい感じになりません。 中国語に関しては、文法のみであれば市販されている教科書を活用して一人の力で学習することも困難ではないといえるでしょう。 しかしながら、発音に関してははたして間違いないのか一人で確かめることは難しいことから、教室などで教師に習い、しっかりと発音を見定めてもらうことをが重要になります。独学の状態で正常でない発音の癖が付いてしまうと、あとになって矯正することが困難になってしまいますので、スタート時から教室を利用することによってふさわしい発音をマスターした方が確実です。 教室の月謝に関しては、名の知れた外国語スクールか一個人の営んでいる小さい規模の所かによって金額が異なることになります。 大手のケースでは、1週間に1度で1万円から1万5千円前後かかります。ですので、決して安い料金ではないといえるでしょう。 しかしながら、個人のスクールにおいては5千円から7千円くらいでレッスンを受けることができることもあり得ます。 大手においては月謝が割高になっていますが、テクニックがきちんとしており、どういった教師に当たっても、一定のクォリティがキープされているのがいいところです。

プロの仕上がりを学びたい方はこちら
バフ研磨の角度や段階等、職人の知識と技を学べます。

短期間での展示会装飾の設営はアルチザンにおまかせ!

STUDIO「μ」は撮影後のインタビューも同時に行えます
宣材写真向けの壁もありますし、ソファーもあるので撮影後そのままインタビュー動画を撮ることもできます。

複雑な中国進出際の法人サポートするパル

ダイキチカバーオール株式会社

Page Top